電気代

どうやったら節電? エアコンの賢い使い方

更新日:

せつやくん
毎日、暑いね~

クレブー
こういう日はクーラーの効いた部屋でブーっとじゃなくて、ボーッとするのがいいね。

せつやくん
クーラーつけっぱなしだと電気代が気になるけど、クレブーはなんか工夫してる?

クレブー
涼しくなったらこまめに切ったりして、節約してるよ。

せつやくん
なるほど~。でもほんとにその方法って節電になってるかな? エアコンってどう使えば節電になるのか、調べてみよう。

スポンサーリンク

エアコンの賢い使い方~効果的な節電方法

電気代が気になる夏。少しでも節電したいがために、「こまめに電源をオンオフ」「ずっと弱運転」でエアコンを使ったりしていませんか?
実はその使い方、ぜんぜん節電になっていないかも。エアコン冷房はつけっぱなしが節電になる?など、電気代節約につなげる、エアコン冷房の上手な使い方をご紹介します。

かえって逆効果!? 電気代が高くなるエアコンの使い方

エアコンをこまめにオンオフする

エアコンは室温を下げて設定温度にするまでの間が、実は一番電気代を消費します。
エアコンの温度が設定温度になったからといってすぐにスイッチをオフにしてしまうと、またエアコンをつける時に再度エアコンが設定温度まで室温を下げなければならなくります。その分余計に電気代がかかってしまうということになります。

最初からずっと弱運転をする

先ほどご説明した通り、エアコンは設定温度まで室温を下げる間が一番電気代がかかるので、最初から弱運転で運転してしまうと設定温度になるまでの時間が長くなってしまい、その分電気代がかかるということになります。

エアコンの賢い使い方~自動運転でつけっぱなし

エアコンの電気代を抑えるには、自動運転でつけっぱなしがベスト。
エアコンの自動運転は、一気に設定温度まで室温を下げ、その後は微弱運転や送風運転で室内温度を保ちます。短時間で設定温度にするため、無駄な電気代がかからないようにしています。
こまめにオンオフをしないで自動運転でつけっぱなしにしておいたほうが電気代を節約でき、賢い使用法といえるでしょう。

ずっとつけっぱなしは節電になるのか?

エアコンのつけっぱなしが効果的なのは以下のような場合です。

・ちょっと出かける場合
ちょっと買い物に出かける、子どもの送り迎えに行く、といったように30分くらい家をあける場合などは、つけっぱなしにしたほうが電気代を安く抑えられる場合が多いです。

・外気温と設定温度の差が大きい場合
エアコンは室内温度を設定温度にするまでの間一番電気代がかかります。外気温と設定温度の差が大きいほど、エアコンを一度消してしまって再度つける時にかかる電気代は高くなります。
夏の暑い日中ほどエアコンをこまめにオンオフせず、つけっぱなしにしておいたほうが効果的に節約ができるといえます。

まとめ

エアコンは、使い方ひとつで、電気代に大きな影響を及ぼします。
賢い使い方を実践して、少しでも節電につなげましょう。

Copyright© 節約生活〜お金は大事 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.